Skip to main content

Gemini

ジェミニ

★★★★★
Multimodal

Google DeepMind がマルチモーダルAI「Gemini」をリリース。Geminiは「Ultra」「Pro」「Nano」3つのモデルがある。Gemini nano は Google Pixel 8 ですでに利用可能。Gemini Pro は Google Brad が Gemini Proにアップグレードされすでに利用可能に。そして、2024年2月9日Google BradはGeminiに名称変更になりました。Gemini Ultra は 2024年以降に利用可能になる。

Google DeepMind releases multimodal AI “Gemini”. Gemini comes in three models: “Ultra,” “Pro,” and “Nano.” Gemini nano is already available on Google Pixel 8. Gemini Pro is already available as Google Brad has been upgraded to Gemini Pro. Then, on February 9, 2024, Google Brad was renamed to Gemini. Gemini Ultra will be available after his 2024.

Gemini website

考察

ChatGPTは古いデータを参照するが、GeminiはGoogle検索で蓄積した最新のデータから答えを導く情報を拾ってきている。情報の正確性には疑問も残るが、完璧に正確な部分もある。参照しているソースを公開する場合もあればしない場合もある。公開しているURLは信頼度が高い情報として分類しているといえるので、SEO的にみてもそのソースは信頼されているのだろう。

Geminiに質問してみました。Google検索のデータをどの程度利用していますか?

Geminiは、答えを出すのにGoogle検索のデータを非常に大きく利用しています。具体的には、以下の3つの方法でGoogle検索のデータを利用しています。

1. 膨大なテキストとコードのデータセットで学習

Geminiは、書籍、記事、コードなど、膨大な量のテキストとコードのデータセットで学習しています。このデータセットには、Google検索を通じて収集された情報も含まれています。

2. 検索結果を活用した情報収集

質問を受けた際、GeminiはまずGoogle検索を行い、関連する情報を収集します。そして、収集した情報に基づいて、質問に対する答えを生成します。

3. 知識グラフの活用

Geminiは、Googleが構築した知識グラフを活用しています。知識グラフは、人、場所、物などのエンティティとその関係性を表したデータベースです。Geminiは、知識グラフから関連する情報を取得することで、より正確で詳細な答えを生成することができます。

具体的な利用割合は公開されていませんが、Google検索のデータはGeminiにとって非常に重要な情報源の一つであることは間違いありません。

  • Next ProjectDuet AI